Apache SolrはLuceneをベースとしたオープンソースの全文検索システムです。Windows環境でサービスとして動作するようにしたApache Solrの派生バージョンが Solr for Windows です。


ダウンロード

solr.exe のみ
x86 x64

solr.exeのみの配布形態です。Solr 4.9.0に適合します。x86(32-bit)、x64(64-bit)両方のバイナリが含まれています。既存のSolrディレクトリに追加してお使いください。       

solr.exe + Solr 4.9.0
x86

solr.exeに、Solr 4.9.0をバンドルした配布形態です。x86(32-bit)バージョンです。Javaがインストールされている環境であれば、これだけでSolrを動かすことができます。      

solr.exe + Solr 4.9.0 + JRE
x86

solr.exeに、Solr 4.9.0とJava実行環境(JRE 8u11)をバンドルした配布形態です。x86(32-bit)バージョンです。Javaがインストールされていない環境でも、Solrを動かすことができます。

solr.exe + Solr 4.9.0
x64

solr.exeに、Solr 4.9.0をバンドルした配布形態です。x64(64-bit)バージョンです。Javaがインストールされている環境であれば、これだけでSolrを動かすことができます。      

solr.exe + Solr 4.9.0 + JRE
x64

solr.exeに、Solr 4.9.0とJava実行環境(JRE 8u11)をバンドルした配布形態です。x64(64-bit)バージョンです。Javaがインストールされていない環境でも、Solrを動かすことができます。

その他のバージョンはこちら

インストール・使い方

solr.exeのインストールはとても簡単です。solr.exeをダウンロードして、Solrのインストール・ディレクトリ(start.jarが置いてある場所)にコピーしてください。以下の説明ではSolrがC:\solrに展開されていることを前提としています。Solrを展開しているディレクトリが異なる場合は、適宜、読み替えてください。

通常のコンソールプロセスとして実行する

まずはsolr.exeが正しく動作することを確認するために通常のコンソールプロセスとして実行してみましょう。Solrをインストールしているディレクトリに移動して次のコマンドを入力します。


				C:\solr>solr.exe
			

これでSolrを起動することができます。標準構成のままなら http://localhost:8983/solr/ にアクセスすることでSolrが動作していることを確認することができます。Solrを停止するときは Ctrl + C を入力します。

サービスとしてインストールする

solr.exeをサービスとしてインストールするために次のコマンドを入力します。


				C:\solr>solr.exe -install
				solr サービスをインストールしました。
			

これでサービスのインストールは完了です。[コントロール パネル] - [管理ツール] - [サービス] に、solrという名前のサービスが表示されます。既定のインストールでは、サービスのログオン(実行アカウント)はローカル システム アカウントに、スタートアップの種類は 自動 になります。サービス構成オプションを指定することで異なる構成でサービスをインストールすることもできます。詳細についてはサービス構成オプションを参照してください。

サービスを開始する

インストールしたsolrサービスを開始するために次のコマンドを入力します。


				C:\>net start solr
				solr サービスは正常に開始されました。
			

net startコマンドを使う方法の他に[コントロール パネル] - [管理ツール] - [サービス]からsolrを選択して開始することもできます。また、既定のインストールではスタートアップの種類が自動になっているため、コンピューターの起動時にsolrサービスが自動で開始されます。

サービスを停止する

開始状態のsolrサービスを停止するために次のコマンドを入力します。


				C:\>net stop solr
				solr サービスを停止中です.
				solr サービスは正常に停止されました。
			

net stopコマンドを使う方法の他に[コントロール パネル] - [管理ツール] - [サービス]からsolrを選択して停止することもできます。

サービスをアンインストールする

停止状態のsolrサービスをアンインストールするために次のコマンドを入力します。


				C:\solr>solr.exe -remove
				solr サービスを削除しました。
			

サービス構成オプション

インストール時

インストール時のサービス構成オプションは、solr.exeをサービスとしてインストールするときに指定することができます。インストール時のサービス構成オプションは -install よりも前に指定する必要があります。-install よりも後に指定した引数は、サービスの実行時引数として渡されます。

スタートアップの種類を 手動 にしてサービスをインストールする場合は以下のようにします。

C:\>solr.exe -m -install
サービス構成オプション 説明
-install サービスとしてインストールします。他の構成オプションは、必ず -install よりも前に指定してください。
-n <display-name> サービスの表示名を指定します。既定のサービス表示名はsolrです。
-i デスクトップとの対話をサービスに許可します。
-m スタートアップの種類を 手動 にします。このオプションを指定しない場合、スタートアップの種類は 自動 になります。
-d <dependencies> サービスの依存関係を指定します。たとえばサービスがイベントログサービスを必要としている場合は、-d Eventlog としてイベントログサービスに依存させます。複数のサービスに依存する場合は、サービス名をセミコロン ; で区切ります。
-u <username> サービスの実行アカウントを指定します。通常のユーザーアカウントのほかにビルトイン・システムアカウントとして、NT AUTHORITY\SystemNT AUTHORITY\LocalServiceNT AUTHORITY\NetworkServiceが指定できます。
-p <password> サービス実行アカウントのパスワードを指定します。ビルトイン・システムアカウントを使用する場合は、パスワードを指定する必要はありません。
-s サービスをインストールした後に、ただちにサービスを開始します。
アンインストール時

アンインストール時のサービス構成オプションは、solrサービスをアンインストールするときに指定することができます。アンインストール時のサービス構成オプションは -remove よりも前に指定する必要があります。

サービスを停止してからアンインストールする場合は以下のようにします。

C:\>solr.exe -s -remove
サービス構成オプション 説明
-remove サービスをアンインストールします。他の構成オプション -s は、必ず -remove よりも前に指定してください。
-s サービスをアンインストールする前に、サービスを停止します。